肝斑の治療

顔のシミって本当に気になります。
出来てしまったシミって本当になかなか薄くなってくれないんですよね。

私は紫外線によるシミのほかに肝斑というシミがかなり広がってきて
気になっています。
シミといわれるもののほとんどが紫外線によるものが多い中で、
この肝斑というシミは女性ホルモンの影響でできます。

妊娠中や30代以降くらいに女性ホルモンのバランスの崩れから
出やすくなるシミです。
肝斑は両頬あたりに左右対称にできることが多い形がはっきりしない
もやっとしたシミです。

この肝斑の治療法は内服薬や塗り薬といったものがメインになります。
というのも肝斑はレーザー治療が効かないシミなんですね。
最近では肝斑に効果のあるレーザーというのも出てきてると
聞いたことがありますが、基本的には肝斑はレーザー治療をすると
悪化してしまうことがあるみたいです。

紫外線でできたシミと肝斑が併用して出来ている場合がやっかいで
紫外線のシミを治療しようと思ってレーザー治療をしてしまうと
肝斑が悪化してしまうという場合があるんですね。

皮膚科での診断が重要になりますが、紫外線の影響でできた
老人性色素斑の影に隠れている肝斑に気がつかずにレーザー
治療をしてしまうことのないよう注意が必要です。
この場合の肝斑の治療が優先になるそうです。

美白化粧品の中にもハイドロキノンのような漂白作用の
ある美白成分は肝斑に効果があります。
皮膚科医で肝斑の治療をしてもこうした美白化粧品を日頃から
使うようにしてシミを増やさないように予防と治療を併用していくことが
大切だと思います。